カートをみる マイページへログイン ご利用案内 よくある質問 お問い合せ ベッドマイスターブログ
RSS
トップページ > 眠りの悩みで選ぶ > 冷え性で目が覚める

睡眠を阻害する冷え性の原因と改善の対策

よくある睡眠の悩みとして、特に女性の方から「冷え性」であると相談を受けます。一般的に女性症状を訴える方が多く、女性の半数以上が冷えに悩んでいるそうです。この冷え性が原因で夜中に目が覚めてしまう事が多く、不眠の要因になっています。冷え性は様々な要因が関わっているため寝具の改善だけで治すことは出来ません。しかし、冷え性になり易い方やなりやすい環境、冷え性でも温かく寝られる環境などベッドマイスターが眠りをベースに冷え性でお悩みの方の睡眠をお助けいたします。

身体は日々無意識に体温の調節を行っています。それは血流を利用していて、体温を上げる場合は全身に血を巡らし、体温を下げる場合は発汗を促して体内の熱を放出します。 しかし、運動不足や便利な温度調節グッズを使うことで血を全身に巡らせる機能が衰えて自身の体温調節が困難になります。結果、身体の末端である手足の先まで血が通いにくくなり、冷え性の原因となっているのです。 眠り方や寝具で考えた場合、ポイントになるのは睡眠中にかく寝汗です。眠りは湿度の処理を適切に行うことで大きく改善されます。先ずは冷え性の方が注意すべき寝具のポイントを知りましょう。

人は睡眠中に一晩で200ccから800ccの汗をかきます。この寝汗を寝具が吸収しないままでいると体温は下がり、時間が経って湿った汗やべたついた寝間着が冷えて、結果身体を冷やしてしまいます。ですので寝汗を吸収した綿の布団を干さないで使い続けたり、アクリルやポリエステルなどの寝汗を殆ど吸収しない寝間着や毛布を使うと自身の発汗と寝汗で身体を冷やしてしまう結果になってしまいます。※ブログ:使ってはいけない寝具参照

また、体温調節ができている50歳代くらいまでに電気敷毛布を使い慣れてしまうと自身の体温調節機能が衰えて血流が悪くなり、慢性的な冷え性になる可能性もあります。

睡眠は寝汗をかくことによって体温を下げて深い眠りにしていきます。しかし、寝具がこの汗を吸収しないと冷えが加速し夜中や明け方に目が覚めてしまうなど睡眠障害になってしまいます。そこでポイントになってくるのが、獣毛系天然素材(ウール、キャメル、カシミヤ他)の持つ「湿潤熱」の効果です。

これらの素材は寝ている時にかく寝汗を他の素材と比べて吸湿する能力が高く、人と同じ哺乳類の素材からか、動物性の素材は吸湿後に自然と人体にも適温の熱を発散します。そのため、心地のいい温かさで過ごす事が出来ます。更に寝汗による湿度(寝苦しさの原因)を起きた後の人が寝ていない時に放湿します。 動物性の素材は、人間にとって快適な状態の温度・湿度(睡眠中場合は寝床内気候温度という)と言われている33度 ・湿度50%に調節してくれるので、一晩快適な状態で眠ることが出来るのです。

ベッドマイスターが提案する冷え性の方の寝具の改善

敷寝具
綿ふとんをお使いの場合は毎日干しましょう。そのまま使用すると前日の湿気が冷えて布団の中が冷たくなってしまいます。また、ベッドマットレスの上に直接薄いシーツを一枚だけ敷いて寝ていると寝汗を全く吸収してくれません。敷毛布をお使いの方は素材を確認して化繊系のものの使用は控えましょう。ウール系の素材のものがオススメです。当店では羊毛のベッドパッドが非常に人気です。ムートンシーツも高額なイメージがありますが、様々な価格帯のものもあってオススメです。
羊毛ベッドパッド ムートンシーツ
毛布
汗を吸わない化繊系の素材のものが出回ってしまい殆どの毛布が化繊系と言っていい状態です。しかし、寒い時期の掛け布団では一番身体に近いものです。これを獣毛系素材の毛布に変える事でかなりの改善になります。また、安価な羽毛布団で寝ている方は身体との間でに入れて使うと隙間がなくなって足元の寒さが改善されます。
天然素材の毛布はこちら

パジャマ
フリースなどの様なポリエステル・アクリル系の素材の部屋着は寝る間際にお使いいただくのはいいですが、寝るときはパジャマに着替えて使わないようにしましょう。そしてパジャマは吸湿性が良く肌触りの良いものを使うと快適です。どんないい寝具を使っても体を包むパジャマが悪ければ無意味です。獣毛系ではありませんが、同様効力を持ち肌触りが心地いいシルクのパジャマがオススメです。
その他
電気敷毛布を使用すると身体の体温調節機能が鈍くなると述べました。50歳代を超えると元々体温調節機能が低下しますので電気毛布を使用しても良いかと私は考えています。しかし、電気敷毛布を直接身体に触れるように直に敷いてしまうと低温火傷になったり、電気毛布自体に保温性がないため、オフの時に急速に冷えてしまいますので注意をしましょう。
当店では重度の冷え性でご年配の方に温熱マットレスをおすすめしています。温熱マットレスは遠赤外線で身体を温める医療器具でもあります。炭火や岩盤浴と同じように芯から身体を暖めるため、冷え性予防に最適です。他にも冷えとり靴下などもございますので、是非当店にご相談にお越し下さいませ。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜40件 (全51件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ

1件〜40件 (全51件)  1/2ページ
1 2 次へ  最後へ